オーデコロン 意味


オーデコロンやオードトワレに付いている「オーデ」や「オード」というのはフランス語では「水の」という意味になります。
香水やフレグランスの原料として使用されるのはエタノールや香料であり、昔は「○○の水」といった意味で使われていた事が発祥とされています。

オーデコロンの本来の意味となるものは「ケルンの水」とされていて、昔ドイツのケルンで販売されていた香水が起源とされています。
オードトワレというのは「化粧室の水」もしくは「化粧の際に使用する水」という意味になります。
そのため、少しの身だしなみを行う時に使用する香水、という起源で始まった言い方と考えられています。
こうした事からオーデやオードが付いていると、少し濃度が薄いという事になります。

オーデコロンの起源は1700年代までさかのぼり、1709年にドイツのケルンでファリナという人物により製造販売されたのです。
ファリナという人物は元々イタリア出身の香水職人でした。
雨上がり後のイタリアの泉の香りがする香水を作りたいと思いつき、ケルンで創作を開始したのです。

当初のオーデコロンでは純粋に香水としてだけ使用されていて、ナポレオンもファリナのオーデコロンを気に入っていたという言われもあります。
最近ではオーデコロンは万能香水とも言われており、床まき用やおしぼり用や髪の毛用など広い形で使用されているのです。

それぞれのメーカーにより、分類も異なるのですが香水の種類では基本的にパルファムとオーデパルファム、そしてオーデトワレとオーデコロンと4つ種類に分類されています。
中でもパルファムが香水の中で濃度も最も高くて、香りが持続する時間も1番長いです。
しかし、メーカーによってはコロンまでの事を全て香水と指しているケースもあります。

フランスでは「オーデ」に「水の」という意味があるので「香水の水」という様にしています。
オーデはオードとも呼ばれるが、この言葉が付いていると少し「水っぽい」イメージが付いてきます。
したがって、香水と比較すると薄めになっていると考えても良いのです。

ランキング

STORIA(ストーリア)

1位

STORIA(ストーリア)はおもわず女性が振り向いてしまう香りで、楽天ランキングユニセックス部門で第1位を獲得した人気の香水です。

おすすめポイント

  • メディアで注目
  • モテる香り
  • 楽天ランキングユニセックス部門第1位

さらにSTORIA(ストーリア)についてもっと詳しく解説!≫≫≫


ラルフローレン・ポロスポーツ

2位

ラルフローレン・ポロスポーツはクールで透き通るようなフローラルノートがベースのウッディ ノートとハーモニーを奏でる香りの香水です。

おすすめポイント

  • スポーツフレグランス
  • クールな香り

アルマーニ アクアディジオ

3位

アルマーニ アクアディジオは地中海のさわやかな海をイメージした香水で、マリン系フレグランスの代表!男女共に大人気です。

おすすめポイント

  • 男女共に大人気
  • マリン系の代表格

オーデコロンについて

オーデコロンの口コミ・評判

オーデコロンについて

オーデコロンの口コミ・評判